採用情報

Recruit

上司・先輩の声

YDKはこんな会社です
YDKはこんな会社です
新田見 瑞穂

「会社を良くしよう」という気持ちが周囲に溢れる新田見 瑞穂(技術本部・プロダクツ開発部)
入社前からモノづくりをしたいと思っていましたが、YDKは、「どういう工程でモノができていくのか」、「工場でどう量産されていくのか」が理解しやすい会社だと思いました。

他社の開発部門の人とも話す機会がありますが、YDKの社員は、他社で働く人より、会社を良くしようという気持ちが大きく、それを恥ずかしがらずにはっきり言える文化ができていると思います。例えば、業務の環境からモノづくりの工程まで、常に改善点を考え、それを公言できる人が多い。何でも言いやすい雰囲気の社風で、ベテランの人も気軽に話しかけてくれ、一緒に仕事をしながらいろいろな相談ができる雰囲気です。

松田 翔

創意工夫でお客様の喜ぶ姿がやりがいに松田 翔(営業本部・第一営業部)
工場というのは、お客様から言われるものをその通りに作るだけ、というイメージがみなさんあると思うのですが、YDKは、そこに創意工夫を凝らして現場の声もきちんと伝える点が、お客様に高い評価をいただけているのではないかと思います。

もともとモノづくりに興味がありましたが、実際に工場で仕事をすると、目の前でモノを作っていて、製品ができる流れが全部見えるんです。今は営業の仕事をしていますが、工場で学んだノウハウなどを、直接お客様にお伝えできることもあって、毎日とても楽しく仕事をしています。

細井 敦史

自分が設計した装置を製造現場で確認できることも細井 敦史(技術本部・メカトロ技術部)
大学が工学部でモノづくり、特に設計の仕事に興味があり、自社製品を持たないYDKは、逆にさまざまな装置の設計に携われるのではないかと思って、入社しました。

技術部門は、上司や先輩にもかしこまる必要はなく、和気あいあいとした雰囲気で打ち合わせなどをしています。

設計の手が空いているときは製造の仕事を手伝うことがあり、自分が設計した装置を組み立てることもあるんです。実際に自分が製造に携わることで、「ここがよかった、ここは改善しなければ」と気づかせてもらえるのは、YDKの仕事で最もいいなと思う点です。製造部門から「どうして来ないの」と言われるほど、気軽に現場に行ける雰囲気です。

卜部 範行

オープンな職場がお客様対応にもプラスに卜部 範行(営業本部・第四営業部)
入社前までの私の製造現場のイメージは「3K」でしたが、YDKの工場を訪問した際、建物が綺麗で整理整頓されており、これまでのイメージが払拭されました。また、メーカーでないからこそ幅広い分野のさまざまなお客様と携わることができる、という点に魅力を感じました。

YDKがいいなと思うのは、オフィスでは、執行役員の方たちと同じフロアで、仕切りがない空間で一緒に仕事ができること。コミュニケーションがすぐにとれ、何かあったらただちに情報共有できる。そういった点がお客様への迅速な対応につながっているのではないかと思います。

入社して数カ月は現場を回りましたが、営業に配属されてすぐにお客様とのアポイントをとって訪問し、プレゼンをして受注活動に繋いでいく、といったことを最初から最後まで自分でやることができたのは、非常に楽しかったですね。

志佐 剛

YDKは“自分で進める”人を求めている志佐 剛(総務部)
YDKでは、協調性よりも、自分勝手とまではいかないまでも、周囲に流されないで自分で進んでいく人間が一番求められています。そうした人間が会社として必要とされ、仕事もこなしていける環境がある、というところが当社の強みなのではないでしょうか。一人ひとりに与えられている裁量が大きいので、能力よりもまず意欲が求められる会社だと思います。